40代以上は必見! 膝痛の原因と治し方に関する保田院長監修サイトがオープン

2020.03.01

メディア

変形性膝関節症の情報サイト「ひざ研」

↑ひざ研▶︎https://www.hizaken.com/

 

☑️現在40歳以上だ。
☑️特にこれといった原因はないが、なんとなく膝が痛い。

そんな方たちのための情報サイト「ひざ研究」を、当院の保田院長が監修しました。
加齢に伴う“ひざ痛”とどう向き合い、どう解決すべきかに関してわかりやすくご紹介しています。

 

サイトのテーマは、いかに早期治療につなげられるか

現在の医療では、変形性膝関節症など、加齢による膝関節の損傷を治療で元の状態に戻すのは困難です。
したがって大事なことは、早期に治療を開始して、悪化する速度を少しでも緩やかにすること。

そこで当サイト「ひざ研」では、受診や治療開始のシグナルを、どうすれば早く察知できるかを多くの人に知っていただくこと を最も重視しました。

「最近ちょっと膝が痛いけど、これ放置して大丈夫かな?」
そんな風に感じていらっしゃる方のためのコンテンツを揃えています。

コンテンツには、膝痛を「自分ごと」に感じられる仕掛けが満載

例えば、膝の危険度を確認できるセルフチェックというコンテンツがあります。
これは、日常生活に関する質問に答えていくことで、変形性膝関節症の危険度と、治療の緊急性を知ることができます。
また、医療機関では、医師にご自分の状態をなるべく正しく伝えていただく必要があるのですが、「痛み」という主観的な感覚を正確に伝えるのは結構難しいものです。
そういった方たちのために、医師が欲している情報とはどういうものなのか、どう伝えると、医師は理解しやすいのかといった具体的な言い回しをご紹介しています。

 

1人でも多くの方が早期に適切な治療を受けられるよう、このサイトを通じてサポートできればと考えています。
膝の痛みにお困りの40歳以上の方、またはそのご家族の方たちにご覧いただければ幸いです。

ひざ研▶︎https://www.hizaken.com/