保田 真吾院長

保田 真吾

京都大学で難病の病態解明に取り組み、医学博士を取得。また、助教授として再生医学の研究にも従事した経歴を持つ。その後は整形外科医として臨床に取り組み、人工関節置換術も数多く執刀。複数の総合病院にて医長や副院長、院長代行などの拝命を受け、臨床現場を取り仕切る仕事にも携わってきた。
ただそんな中でも再生医学の臨床応用については常に模索。大阪ひざ関節症クリニック開院を機に、実用段階となった再生医療の道を追求することを決意した。これまで研究で培った知識や技術の活用はもちろん、医師となった当初から重んじる「和顔愛語 先意承問」の精神で、日々の診療に尽力している。

資格・免許

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • リウマチ財団登録医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床内科認定医
  • 糖尿病療養指導医

所属学会

奥田 真義医師

ひざ関節を専門とする整形外科医。様々な総合病院で臨床を経験後、ドイツ留学を機に人工関節に精通することとなり、現在も人工関節センターのセンター長を務める。奈良県立医科大学臨床教授でもある。
保険診療でより患者さまを想った治療を続けてきたが、再生医療に効果があるなら自信を持って勧められ、治療の幅も広がるだろうと考え、当院の診療に携わることに。自身がスポーツで前十字靭帯を損傷し、手術を受たことがひざを専門とするきっかけとなったこともあり、ひざを痛める方々の気持ちの理解にとりわけ配慮している。

経歴

  1. 1997年
    奈良県立医科大学付属病院 整形外科 研修
  2. 1998年
    奈良県立三室病院 麻酔科 研修
  3. 1998年
    奈良県立医科大学付属病院 救急科 研修
  4. 1999年
    医真会 八尾総合病院 整形外科
  5. 2001年
    奈良県立三室病院 整形外科
  6. 2004年
    県立奈良病院 救急救命センター
  7. 2006年
    医真会 八尾総合病院 整形外科
  8. 2010年
    医真会 八尾総合病院 整形外科 医長
  9. 2010年
    HELIOS Klinikum Emil von Behring(ドイツ/ベーリング病院) 留学
  10. 2012年
    医真会 八尾総合病院 診療部 医局長
  11. 2014年
    奈良県立医科大学 臨床准教授
  12. 2016年
    医真会総合クリニックス 人工関節センター センター長
  13. 2017年
    医真会 八尾総合病院 整形外科部長
  14. 2020年
    東朋八尾病院 人工関節センター長/整形外科部長
  15. 2020年
    大阪ひざ関節症クリニック 非常勤医師

資格・免許

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 奈良県立医科大学臨床教授

所属学会

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-282

電話受付時間
9:00〜18:00