保田 真吾院長

保田 真吾

京都大学で難病の病態解明に取り組み、医学博士を取得。また、助教授として再生医学の研究にも従事した経歴を持つ。その後は整形外科医として臨床に取り組み、人工関節置換術も数多く執刀。複数の総合病院にて医長や副院長、院長代行などの拝命を受け、臨床現場を取り仕切る仕事にも携わってきた。
ただそんな中でも再生医学の臨床応用については常に模索。大阪ひざ関節症クリニック開院を機に、実用段階となった再生医療の道を追求することを決意した。これまで研究で培った知識や技術の活用はもちろん、医師となった当初から重んじる「和顔愛語 先意承問」の精神で、日々の診療に尽力している。

経歴

  1. 2001年
    京都大学大学院 医学研究科
  2. 2007年
    京都府立医科大学付属病院 医師
  3. 2008年
    公益財団法人 丹後中央病院 医師
  4. 2008年
    市立舞鶴市民病院 副院長・院長代行
  5. 2011年
    国立病院機構 舞鶴医療センター 医長
  6. 2014年
    公益財団法人 丹後中央病院 部長
  7. 2019年
    大阪ひざ関節症クリニック 院長

資格・免許

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • リウマチ財団登録医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床内科認定医
  • 糖尿病療養指導医

所属学会

中畑 慶吾医師

中畑 慶吾

空手の練習に明け暮れた医学生時代。ケガの度に整形外科で治療を受け、幾度となく助けられた。こうした経験から、自然な流れで整形外科の道を志すように。医師としては整形外科一筋で約20年間、数多くの臨床に携わってきた。特に手術治療を得意とし、骨折手術、人工関節、関節鏡とジャンルを問わず様々な手技の実績がある。
方向転換を決意したのは、手術という外科的なアプローチに限界を感じたから。自ら執刀して100%の満足が得られなかった自身の家族の実態を目の当たりにして、より低侵襲な再生医療というアプローチに興味を持つに至った。2021年より、同分野での実績が豊富な「ひざ関節症クリニック」グループに入職。

経歴

  1. 2000年
    鳥取大学 医学部 卒業
  2. 2000年
    大阪大学整形外科医局入局
  3. 2000年
    大阪船員保険病院 整形外科
  4. 2002年
    市立吹田市民病院 整形外科
  5. 2003年
    大阪府立病院 整形外科
  6. 2004年
    近畿中央病院 整形外科
  7. 2008年
    市立川西病院 整形外科
  8. 2008年
    阪和第二泉北病院 整形外科
  9. 2009年
    上田病院 整形外科/部長
  10. 2019年
    豊中緑ヶ丘病院 整形外科/部長
  11. 2021年
    京都ひざ関節症クリニック 院長

資格・免許

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 スポーツ医
  • 日本整形外科学会 リウマチ医
  • 日本整形外科学会運動器 リハビリテーション医
  • 日本医師会健康 スポーツ医

所属学会

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから