ひざの痛みに対する治療実積が6,600例以上となりました

2020.03.31

診療・治療法

治療実績6600例突破

大阪ひざ関節症クリニックでは、大掛かりな手術や入院を必要としない、再生医療をはじめとするひざの痛み治療をご提供しております。当グループで2015年から取り扱っているPRP-FD注射や幹細胞治療の症例実積が、2020年2月末時点で、合計6,600症例を突破しましたのでご報告いたします。

 

▶︎大阪院のPRP-FD注射とは?
▶︎大阪院の培養幹細胞治療とは?

自然治癒力を一時的に高める「PRP-FD注射」

PRP-FD注射とは、患者さまご自身の血液から、ひざの痛みの改善に有効に働く物質を濃縮して取り出し、ひざ関節内に注入する治療法です。一時的に治癒機能が高まり、炎症を抑える作用をもたらすため、痛みの緩和が期待できるのです。当院の症例では、ヒアルロン酸注射が効かなくなってきた変形性膝関節症の進行期の方にも効果がえられています。
2015年11月からグループに導入しておりまして、4,300症例以上の治療実積となりました。

患者さまの細胞が働く「培養幹細胞治療」

もうひとつの培養幹細胞治療では、脂肪から幹細胞を抽出して増殖させます。治療に用いる幹細胞だけを培養できるので、脂肪の採取量は20mL(大さじ1杯強)ほどですみ、体への負担は少ない治療法と言えます。入院の必要もありません。炎症や痛みの抑制に幹細胞が働くことで痛みの緩和が期待できるのですが、当グループの症例データでは1〜2年の改善の継続が確認されています。
幹細胞治療は2015年3月から行っており、治療実積は2,300例以上となりました。

ひざの痛みに対する選択肢を広げるために

こうした多くの症例から得られる新しい情報を、当グループでは国内外に発信し、広く共有することにも努めております。それにより、治療の根拠となるデータが蓄積され、よりよい提案の中で患者さまが治療を検討できるような環境を築けると考えているからです。
治療を受けてくださった患者さまに心より感謝申し上げますとともに、今後も診療と医療の進展のための活動により一層いそしむことを約束いたします。