ひざの痛みの治療実績が5,600症例を突破しました

2019.12.26

診療・治療法

ひざ痛の治療実績5600例突破

大阪ひざ関節症クリニックでは変形性膝関節症をはじめとするひざの痛みの治療法として、PRP-FD注射や培養幹細胞治療をご提供しています。2019年11月現在において、これら2つの治療における当グループの症例が併せて5,600症例を突破しました。ご報告とともに、治療を受けてくださった患者さまにお礼申し上げます。

 

PRP-FD注射とは

患者さまの血液に含まれる、痛みに有効な物質をひざ関節に注射する治療法です。血液を用いた治療法には、血小板を濃縮したPRP療法の認知がありますが、PRP-FD注射では血小板から分泌される組織の修復に働く成分を高濃度かつ活性化させてから投与します。成長因子の作用によって自己治癒能力が一時的に高まるため、ひざの痛みの改善が期待できます。

当グループでは2015年11月より3,600例を治療していますが、多くの方のVASスコア(痛みスコア)の数値が低減していて、日本再生医療学会などでも報告しております。

大阪院のPRP-FD注射の効果や料金について

 

培養幹細胞治療とは

患者さまの脂肪から幹細胞を取り出し、大量に増やしてからひざ関節に注射する治療法です。幹細胞には関節の炎症や痛みを抑制する働きがあり、痛みの改善に働きます。

脂肪から取り出した幹細胞をそのまま投与する方法もありますが、当院では現在、脂肪採取のご負担は最小限に、大量の幹細胞をひざに届けることができる、培養幹細胞治療を導入しています。2015年3月よりご提供してきた幹細胞治療は2,000例以上となり、こちらもその治療効果などのデータや数値をまとめて学会に報告しています。

大阪院の幹細胞治療の効果や料金について