プロフィール

大阪ひざ関節症クリニック院長、保田真吾の紹介です。

保田 真吾院長

保田 真吾

ひざの痛みにお困りなら、まずはお話しましょう。たとえ困難な症例だったとしてもお望みを汲み取り、ご希望にできるだけ近づけるよう、丁寧な診察と説明で応じさせていただきます。

  • 医長や副院長を歴任
  • 元 京都大学助教授
  • 再生医学の技術研究を経験

京都大学で難病の病態解明に取り組み、医学博士を取得。また、助教授として再生医学の研究にも従事した経歴を持つ。その後は整形外科医として臨床に取り組み、人工関節置換術も数多く執刀。複数の総合病院にて医長や副院長、院長代行などの拝命を受け、臨床現場を取り仕切る仕事にも携わってきた。
ただそんな中でも再生医学の臨床応用については常に模索。大阪ひざ関節症クリニック開院を機に、実用段階となった再生医療の道を追求することを決意した。これまで研究で培った知識や技術の活用はもちろん、医師となった当初から重んじる「和顔愛語 先意承問」の精神で、日々の診療に尽力している。

経歴

  1. 2001年
    京都大学大学院 医学研究科
  2. 2007年
    京都府立医科大学付属病院 医師
  3. 2008年
    公益財団法人 丹後中央病院 医師
  4. 2008年
    市立舞鶴市民病院 副院長・院長代行
  5. 2011年
    国立病院機構 舞鶴医療センター 医長
  6. 2014年
    公益財団法人 丹後中央病院 部長
  7. 2019年
    大阪ひざ関節症クリニック 院長

資格・免許

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • リウマチ財団登録医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床内科認定医
  • 糖尿病療養指導医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本リウマチ財団
  • 日本透析医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本糖尿病協会

論文・学会発表

学術論文

年 代 雑誌名 題 名
2018年 日本手外科学会雑誌 難治性橈骨頭・頸部骨折に対するsliding osteotomyの成績
2015年 日本関節病学会誌 術前に診断できなかった膝関節限局型色素性絨毛結節性滑膜炎の2例
2013年 Cell Reports Loss of a Rho-regulated actin nucleator, mDia2, impairs cytokinesis during mouse fetal erythropoiesis.
2007年 Journal of Experimental Medicine Impaired T lymphocyte trafficking in mice deficient in an actin-nucleating protein, mDia1.
2004年 Nature Cdc42 and mDia3 regulate microtubule attachment to kinetochores.

学会発表

年 代 学会名 題 名
2018年 第73回米国手外科学会議 The Sliding Osteotomy Technique for the treatment of the Radial Head
2017年 第60回日本手外科学会学術集会 難治性橈骨頭・頸部骨折に対するsliding osteotomyの成績
2017年 第128回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 上腕三頭筋長頭・外側頭付着部剥離骨折の一例
2016年 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 上腕骨頸部骨折に伴う上腕動脈損傷により手内在筋の限局型阻血性拘縮を生じた一例
2015年 第43回日本関節病学会 術前に診断できなかった膝関節限局型色素性絨毛結節性滑膜炎の2例

ドクターインタビュー

保田院長が再生医療にかける想い、患者さまへの想いをお届けします。

再生医療の道を選んだ理由

臨床応用の方法を模索した日々

臨床を行う前は、京都大学助教授として先端医学の研究に従事していました。同大学の研究グループがiPS細胞の作製に成功して大きな革命を起こしたのが、ちょうどその頃です。近い将来、再生医療で治療する未来が必ず来ると確信し、整形外科医として治療に取り組む中でも常に再生医療を臨床応用できないか模索していました。患者さまと向き合う中で「関節を大切にしたい」「人工関節はしたくない」と考えていたことも理由のひとつです。
だからこそ、大阪で再生医療を実践できるというこのチャンスを、つかまない選択は頭にありませんでした。

ひざの診療で大切にしていること

礼儀を重んじ、親切に接する

治療するうえでまず必要なのは、確定診断です。だいたいの病気は、病歴と身体の所見で診断できます。ですから、実際の診察でもこの2点を特に重視するよう心掛けています。画像検査も行いますが、それに頼るというよりは自分の診断が正しいことの確認と、さらに詳細な情報を得る手段といった認識です。
ただ、一番のこだわりは、礼儀を重んじて患者さまに親切に接するということ。信頼していただいたり、安心していただいてから、初めて診療が始まると考えています。

目指しているもの・こと

大学や医療機関との連携を強める

再生医療を手掛けている医療機関は、東京に比べると少ないのが現状です。だからこそ、大阪ひざ関節症クリニックで再生医療を行うことに大きな意味を感じています。良い結果の症例を増やすことは、治療自体を普及させることにつながっていくからです。
ひざ関節で結果が出せれば、肩やひじといった他の関節治療への応用も、ぜひ検討していきたいですね。そうして進歩させるためには、他の医療機関の協力が不可欠です。積極的に大学病院などにも働きかけて、連携を強めていきたいと考えています。

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-282

電話受付時間
9:00〜18:00